《ETHOSENS》SILK V-NECK PULLOVER

日本の真夏をどう快適に過ごすか。

なかなか難しい問題。。。。。

難しいですけど、できたら一番自分にとって得するのは、

体を鍛えること。

それもただ鍛えるだけでなく、服が似合う、

着てると細いが脱ぐとデカい、そんな体を作れれば、

ノースリーブ、タンクチップ、1枚でも様になる。

これは長い期間必要なので、根気も努力も必要。苦笑

でも、できたら、健康にもなるし、服も似合うし、

自分にとって得しかないことも事実。

しかし、そんなこと、やってられるか!! そんな方(どんな方w)には、

ETHOSENS のシルクシャツがオススメ(オススメの仕方!w)

※モデル : 身長 178cm/ 体重 63kg/
靴のサイズ 27.0cm/ 着用 SIZE-3

上質のさらに上をいく シルクをゆっくり高密度に織り上げた生地に

洗いをかけ、タンブラー乾燥を施し、限界まで縮小させ、

プレスさせたオリジナルファブリック。

もうここまで言えばお分かりになるでしょう。

そう、自宅で洗濯ができます!

洗濯ネットに入れ、オシャレ着洗濯用洗剤を使い、

ドライクリーニングか手洗いモードを選択。

高級なシルク。

一般的にも高級なイメージは定着していますから、

クリーニングに出す!と言うイメージも付いていますし、

シルク=高価と言うのも定着していますから、

提案する側としては、

高級な生地をどれだけ上手く効率良く使うことで

プライスを抑えることができるか。

普通はここを考えます。

しかし、ETHOSENS は、

世界観としてカットソーをそこまで必要としない、

デザイナー個人もあまり着ない、
(カットソー着てる姿をみたことない)

ボタン仕様のシャツばかりでは飽きるし、変化ないし、

そんな発想からこの作品は生まれた、、であろうと僕は思っている。

だからこそ、他にはないし、ワードローブにあると発見の連続で

とても楽しいアイテム。

なので、当店としては、

2018春夏コレクションも取り組んでいたこのシルクシリーズは、

サイズもフルサイズ展開し取り組んでいる。

これはバイヤーとして作品から感じていることだが、

高級感漂う シルク をどれだけデイリーウェアに落とし込めて、

カットソーと差別化図りながら、快適にラフに着れるか。

そこから、生地を活かしたデザイン、パターンメイキングを創り出す

そして、それをカタチにする巧みな技を持つ生産背景があるからこそ

創り出せた作品。

そして、高級な生地を仕様した作品ながら、

プライスが抑えられているのは、

デザイナーが、パタンナーでもあり、生産管理者でもあるのが

大きな要因といえる。

つまり、選ぶ側はお得感をとても感じるはず。

このアイテムで唯一注意しなければならないのは、サイズ感!!

生地に緊張感を与えず、リラックス感を重視して着こなせるか。

と言うことが大事になってくる。

当店のモデルは少し太りました(幸せ太りw)ので、
(本人のためにもトレーニング再開させます!)

通常は、サイズ2ですが、このアイテムはサイズ3で着用しています

オーバーサイズになりすぎるといくら上質な生地でも

だらしなく見えますので、そこも注意が必要。

この作品は、タイトでもダメ! ルーズすぎてもダメ!

と言うことを意識してサイズ選びをしてもらえれば、

日本の真夏だろうが、快適にスタイリッシュに過ごせます。

これは、ETHOSENS ファンだけでなく、

カットソー好きも、シャツ好きも、手にしてみるべき作品です。

本当に快適すぎて堪りませんよ!!!(経験談)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です