《 SHINYAKOZUKA 》STARCHED BOSOM SHIRT

 

 

2019秋冬シーズン。

当店は、レイヤードを楽しむスタイルを提案。

これまでもレイヤードは当たり前にやってきたスタイルですが、

それを様々な角度から見つめ直し、さらに楽しもうというのが、

2019秋冬シーズンのMD 。

 

この SHINYAKOZUKA のスターチドブザムシャツ は、

まさしくそのレイヤードにおいて、必要不可欠な存在。

 

 

 

モデル : 身長 183cm/ 体重 70kg/
靴のサイズ 27.0cm/ 着用 SIZE-L

 

 

カラーは、PURPLE と SAX の2色。

サイズは、S , M , L 展開となります。

 

ボディーには、国内ではブロード生地と言った方が

わかりやすいですかね。

コットン100%生地を採用。

平織りされた生地は薄くしなやかで柔らかく着心地がとても良い。

このブロード、イギリスにおいては、ポプリンと呼ばれることが

一般でイギリスにてファッションを学んだデザイナーが

作り出す作品なので、下げ札にはポプリンと表示されています。

 

 

 

 

デザインは、スターチドブサムシャツを元に構築されています。

ブサム(胸)の部分に切り替えデザインがあり、

デザインとしては礼装用ドレスシャツで用いられることが多く、

硬く糊付け(スターチド)することから、

スターチドブサムシャツと呼ばれています。

 

 

 

 

 

スタンドカラーで比翼仕立て、

生地のふくらみを活かし、着丈長めの身幅やや大きめ設定で、

1枚でもアウターのような存在感がありながら、

インナーでも使い勝手良く存在感抜群!

 

 

 

 

 

生地の質が悪いと、レイヤードはやめた方がいい。

悪めだちをする。これが僕の持論で、実店舗のお客様は

ご理解いただけているはず。

ほぼ見えない。ちょっとしか見えない。

ここをどれだけ大事にするか。はスタイリングにハッキリ出る。

そこに気づいていないととても格好悪い思いをする。

 

 

 

 

 

 

このシャツは、同じ型を色違いで所有することを

オススメできるぐらいバランスが秀逸。

実際、僕は、2色選んだ。

この秋冬、もっとも活躍するアイテムとなるであろうと

今からイメージできている。

 

 

どちらのカラーも使いやすい。ここは好み。

サイズ感は、ビックシルエットになりすぎると

1枚で着用するときはスタイリッシュだが、

インナーとして使いづたくなるので、

こういったシャツは意外とサイズ感はとても大事。

一番雰囲気で選びやすいアイテムなんですけど、

選ぶ際に緻密な計算が必要な作品でもあります。

まぁそれは所有者がどう使うかというところが大きいですが。。。

 

 

単純に言えることは、使い勝手良くとても格好良いということ!
(強引、、、でも実際そう!)

ぜひ、店頭でお確かめいただければ幸いです。

事実、すでに店頭で人気で、サイズ欠けも出始めました。

 

 

 

モデル : 身長 183cm/ 体重 70kg/
靴のサイズ 27.0cm/ 着用 SIZE-L

 

 

《 SHINYAKOZUKA 》STARCHED BOSOM SHIRT

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です