今日も平日に関わらず

ご来店いただき誠にありがとうございました。

これから今日中にやらなければならないことを

1つ1つ片付けていきます。

 

 

ところで、昨日、僕は

緊急事態宣言解除されてからも気を身を引き締め

緊張感の連続で日々過ごす中

少しの緩和(ほぐし)をするために

人と接触の少ない場を選び休暇を使い

釣りに行ってきました。

 

午後から夕方にかけてゆったりのんびりとしましたが

天気も晴れ時々曇りの天気で気候もおだやかで

かなりリフレッシュできました。

釣果もそこそこ多くご家族連れの方に差し上げ

喜んでもらいました。

 

何より大切な人たちも楽しんでリフレッシュできたようで

その姿を見ているだけで癒されました。

ただ、やはり、まだまだ緊張を解く(緩める)には早すぎる状況。

なので、エチケット、マナーは最大限意識して行動しました。

緩和の中にもまだ緊張はあり

まだまだ見えない敵との闘いは続きますね。

 

「KORONA」

発生源や拡散した原因も不明、ワクチンや治療薬もまだまだ開発段階、

経済だけでなく人の生活状況の改善に向けた指針も確立されていない。

そんなコロナで、地球に生きる人間は様々なことを感じたはず。

僕も愛知県に移住し8年目を迎え、今年の4月の初体験は忘れもしない。

夜空に輝く無数の星を大きく際立って光り輝く月の美しさ。

こんなに空気が澄んだ名古屋は僕が知る限りでは一度もない。

 

コロナは、世界中の経済や生活には大打撃を与えた。

人の命も沢山奪っている。

そんな状況は、人々に

”これからについて深く考える”

という課題を与えた。

と日々僕は感じている。

 

そんな中、昨日はすごくリフレッシュできたが

とても残念な気持ちにもなった。

それは、「ゴミ問題」

釣りは人が魚の生命を相手にするもの。

人や趣味趣向かもしれないが

魚にとっては命がけ。

だから、釣りの始まりから終わりまで

真剣に責任持って行動することが

僕は当たり前に重要と考えている。

しかし、僕の半径10mだけでもゴミやタバコの吸い殻が

無数に落ちているというか捨てられている。

ゴミといえば、釣り終わって片付け残った釣り針や糸も。

誰かがやってくれるだろう。みたいなことなのか。

自分さえ良ければいい。みたいなことなのか。

子供が裸足で針や金具を踏んだらどうするんだろう。

糸(ハリス)だって強度高くかなり危険。

タバコのフィルターがゴミが海に落ちて

自然が汚れるとは考えないんだろうか。

 

残念さと怒りでゴミ拾いをしました。

僕だけでなくゴミを捨てていない人たちが。

 

 

なんで自分の趣味趣向に責任持てないんだろう。

単純に携帯灰皿持てばいいだけじゃないのかな。
それを自宅でゴミ箱に捨てればいいだけじゃないのかな。

単純にゴミ袋・ゴミ箱を携帯してそこに捨てて
それを自宅のゴミ捨ての時に捨てればいいだけじゃないのかな。

難しいのかな。

しっかりマナー守っている人が

気分悪いし、時間の無駄をしていることに

気づかないんだろうか。

そう思うのって僕だけで僕が変なんだろうか。

街中でも毎日店の前を掃除している時も思ってしまう。

 

 

コロナの影響で世界中の経済活動が制限され

こんな涼しい名古屋の3月4月って今まであったっけ!?

あっこれが空気が澄んで異常が正常に少し戻った日本の春なんだ。

そう仲間たちと話していたが

昨日のゴミ問題を体感すると

このもう二度と実感したくない現在の世の中を

また違う形でしっぺ返しを味わうのかなと、、、

考えただけでとても嫌な気持ちになる。

 

昨日は、心が浄化されながらも

何か心に引っかかりその引っかかりは

なかなか取れにくい場所にあるようです。

 

今だけでなくこれから

自分が人に周りにできる

最大限ことする。

これがまず最低条件で当たり前にならないと

今の深刻な状況を打破できないんじゃないのかな。

と改めて再確認しながら帰路につき

今日に至ります。

 

気持ちの良いブログではなかったですね。

すいません。

ただ、このブログが皆様の日々の何かキッカケに

なればいいなといつも思い

自分なりの言葉や想いを紡いでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です