Julien David

1978年フランス、パリ生まれ。
19歳で渡米し、ニューヨークのパーソンズ美術大学で学ぶ。
在学中よりナルシソ・ロドリゲスで働き始め、3年間ナルシソ直属のデザインアシスタントとしてキャリアを積んだ後、ラルフ・ローレンに移籍。
同社パープルレーベルのウィメンズウェアデザイナーとして、主にテーラードアイテムなどを担当する。
2006年に来日し、東京を拠点にフリーランスとして活動をスタート。
翌2007年に自身の名を冠したシグニチャーブランドをローンチする。
シルクやカシミア、またJulien Davidのために特別に開発されたスーパーファインなコットンなど、素材はすべて日本製にこだわり、それら最上質な素材を、サブカルチャーやストリートカルチャーに想を得たデザインと掛け合わせることで、ウィットに富んだラグジュアリーなコレクションを発表しています。

1件の結果を表示中

New Items