Robes&Confections

“Robes & Confections”とは、ヨーロッパにはじめて既製服が登場した頃の既製服メーカーの呼び名で、
当時はいわゆるできあいの服・つるし服といった下級階層の人達が着る質の悪い物を指していましたが、
現代の日常着は、こういった労働者の服が原型となっております。
また、当時のメーカーは、あらゆる知恵を絞って少しずつ服の機能・完成度を高めてゆき、それが現代服を支えています。
Robes & Confectionsは、メーカーの役割である特にカッティング・仕立て方において、
クラシックをしっかり踏まえた上での現代服を追及しています。
単なるデザインではなく、たとえば“本来労働の為の機能服であるジャケットについて、
今何が出来るのか?”といった発想から新しい気分の日常着を提案出来ればと思っております。

結果の1~16/17を表示しています