yoshio kubo

デザイナーは、久保嘉男(Yoshio Kubo)。
2000年フィラデルフィア・スクール・オブ・テキスタイル&サイエンスを卒業。
ニューヨークでロバート・デニスの元でアシスタント・デザイナーを経験し、オートクチュールの服作りを手掛ける。
約4年間キャリアを積んだ後、2004年に帰国。
同年、久保嘉男が自身の名を冠したブランド「ヨシオ クボ」をスタート。
2009年春夏コレクションにて東京コレクションにデビュー。
2017年1月にはジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)が、新進デザイナーを支援するプログラムの支援を受け、はじめてイタリア・ミラノで2017-18年秋冬コレクションを発表し話題をさらった。

10件の結果を表示中

New Items